JAC Recruitmentは1社で数社分!JACリクルートメントは転職エージェント何社か分に匹敵!

JACリクルートメントは1社で何社分もの魅力

JACリクルートメントの魅力

大手転職エージェントでは唯一の一貫型。

両面型転職エージェント随一のJACリクルートメント

JACジェイエイシーリクルートメントは、転職希望者との窓口とクライアント企業(求人企業)との窓口を1人が担う両面型転職エージェント(一貫型転職エージェント)。

大手では大変珍しいことです。

効率を求めると、クライアント企業との窓口担当と転職希望者との窓口担当が別々になる分業型になります。

JACリクルートメントは転職の質に拘る

JACリクルートメントがクライアント企業から転職希望者までを一貫して一人の転職コンサルタントが担うのは、成約に導いた転職の質に拘った結果と言っても過言ではありません。

JACリクルートメントでは、クライアント企業と転職希望者とを最適・最良な形で引き合わせるマッチングする為に両面型・一貫型にこだわります。

求人情報の量に於いても豊富

では、紹介される求人情報が転職コンサルタント1人が扱うことのできる求人に限定されてしまうのではないかと不安を覚えるかもしれません。

心配は御無用です。

後でも詳述しますが、複数の転職コンサルタントとお付き合いすることができるので、大手転職エージェントの強みである求人情報の潤沢さも享受できるのです。

人材紹介業売上規模トップ3に君臨

では質にこだわりった結果、企業として効率が悪くなったかと云えば、決してそんなことは有りません。クライアント企業と転職希望者とを最適な形でマッチングする為に、一貫型を保持しつつも、転職コンサルタントを適切な形でチーム分けするなど独自のノウハウで効率も維持しています。

結果として、人材紹介会社として売上規模トップ3の転職エージェントとして君臨しているのです。

因みに転職エージェントのトップ3は、

三大転職エージェント

となっています。

JACリクルートメント1社で何社分もの魅力とは!?

同時に複数の転職コンサルタントとお付き合い可

大手転職エージェントに登録したら、お付き合いできるのは通常1人の転職コンサルタントです。

登録したら専任の転職コンサルタントがあなたに付いて、求人案件を紹介してくれます。

ところがJACリクルートメントでは、紹介される求人企業(クライアント企業)の担当コンサルタントがそのまま転職希望者の窓口となります。

或る転職コンサルタントから、あなたが既に求人情報の紹介を受けていたとします。その時、新たにJACリクルートメントが、あなたに紹介したい求人案件が出てくれば、その求人案件を担当している新しい転職コンサルタントが窓口になるのです。

複数の転職コンサルタントとお付き合いすることができるのも両面型・一貫型の魅力です。

軽減される機会損失

もっと解り易くメリットをお話ししますと、個々の転職コンサルタントが求人を紹介したいと思えば、次々に紹介されることです。

この点で、分業型だと、専任コンサルタントは、あなたに既に何社か紹介してあると安心し、しつこく催促しないと、探せば紹介できる求人案件が出てこないと云ったことが起こり易いのに対して、両面型・一貫型だと、転職コンサルタントはもっと積極的に(アクティブに)求人を紹介してくるということです。専任の転職コンサルタントというワンクッションが無いことのメリットは紹介される案件数に反映されます。

極論すると、両面型転職エージェントであるJACリクルートメントでは、転職コンサルタントの各々が、自分の抱える求人に相応しい転職希望者を探すので、転職希望者は複数の転職エージェントに登録したのと同じような効能を得ることができるのです。

※ 勿論、新しい求人案件も、既に求人案件を紹介してくれている転職コンサルタントが担当であれば、引き続きその転職コンサルタントが窓口です。

両面型・一貫型転職エージェントならみな凄いのか!?

では、両面型・一貫型転職エージェントならば、皆、同様ではないかと思うかもしれません。

ところが、複数の転職エージェントに登録したのと同様の効果とまで言えるのは、潤沢な求人案件があってこその話なのです。

転職コンサルタントがアクティブでも求人案件が無ければ、紹介はできません。無い袖は振れぬなのです。

JACリクルートメントは規模で勝る大手転職エージェント※であって、質で勝る両面型転職エージェントだからこそ、複数の転職エージェントに登録したのと同等だと表現できるのです。

※ 質に勝る両面型(一貫型)の転職エージェントのほとんどが中小規模に留まっているのに比べ、準大手すら越え、三大大手転職エージェントの一角を占めるまでに抜きんでた理由が同社に有ると言えそうです。

両面型・一貫型のデメリット

転職希望者に対し複数の転職コンサルタントと連絡を取ることになりがちなので、煩雑さや落ち着きを欠く印象を受けるかもしれません。

まだある両面型・一貫型転職エージェントのメリット

その印象を補って余りある長所(メリット)が両面型・一貫型転職エージェントにはあります。

募集要項から読み取れない情報

転職希望者であるあなたに求人の説明をするのが、実際にクライアント企業から求人案件を預かってきた本人である転職コンサルタントですから、分業型転職エージェントのように又聞またきこだわきの企業情報で無い分、濃厚・濃密な求人情報を得ることができます。

転職希望者であるあなたにとって、転職エージェントから転職支援サポートを受ける大きなメリットの一つは、募集要項(求人票)からは読み取れない求人背景などの求人情報を得ることですから、直接クライアント企業に赴いた転職コンサルタントから、求人案件の説明を受けることは、とても魅力的に感じることでしょう。

応募書類+αの情報提供

また、クライアント企業に転職希望者を紹介するに当たっても、直接会った転職コンサルタントが企業に説明することができるので、求人企業にとっても転職希望者のリアルな話を聞くことができるというメリットがあります。これは裏を返せば、転職希望者であるあなたにとっても、選考を有利にしたり、あらぬ誤解を避けることにも資するでしょう。

転職成功の質を担保

成約に導いた転職の質に拘るという言葉の意味には、面接だけでは分からない追加情報を、転職コンサルタントが、クライアント企業及び転職希望者の双方に提供できることも含まれるでしょう。

転職エージェントの複数登録のメリット享受とデメリット解消

既にお話ししたように、両面型・一貫型では、専任の転職コンサルタントは付きません。

応募状況やスケジュール管理などを一元管理してくれる転職コンサルタントが居ないのです。

このことは両面型・一貫型転職エージェントの短所(デメリット)と言えないこともありませんが、実際に転職活動では複数の転職エージェントとお付き合いするのが一般的ですから、自己管理が必要なことを考えると、デメリットと云うほどではないでしょう。

また、JACリクルートメントでは、同時に求人案件が進行している際にも、転職コンサルタントは転職希望者の応募状況をチームごとに共有し、進捗状況に配慮するなど、複数の転職エージェントでの同時進行には無い配慮が受けられます。

JACリクルートメントの独自ノウハウの裏付けによる秘密保持

情報が共有されるチーム分けはJACリクルートメントが独自に工夫を凝らして作成したカテゴリーに基づいて行われており、原則的には転職希望者が応募する求人は同一のチーム内に収まるようになっています。徒に情報が共有されることは無いので安心です。

JACリクルートメントが転職支援で強みを発揮する領域
  • スペシャリスト、ミドルマネジメント、エグゼクティブなど中・高額所得層の転職
  • スタッフレベルより年収(年俸)の高い求人領域

に特化したサービス提供を得意としています。

英語ができないとJACリクルートメントに登録できないという誤解

英語力によらず登録することができます。

外資系企業への転職や日系企業の海外進出支援に強いイメージに起因するものなのか、英語ができなければ、JACリクルートメントには登録できないと誤解されている方が少なからず居られるようです。

むしろ大切なのは、職務経歴です。スタッフレベルより年収の高い求人領域とされているとおり、英語ができるだけでは紹介を受けることが難しいのです。

必須なのは英語力では無く職務経歴

一般論として英語ができた方が転職は有利ですが、英語力不問の求人もありますから、英語力に関わらず、ご登録は可能です。是非ご登録ください。

転職コンサルタントとの相性問題から見るランキング

転職コンサルタントとの相性問題に対する配慮からみた転職エージェントランキング

  1. JACリクルートメント
  2. ワークポート
  3. リクルートエージェント

JACリクルートメント

三大転職エージェントの1社として大手転職エージェントの一角を占めながら、両面型(一貫型)転職エージェントであるJACリクルートメント。

登録すると求人案件が紹介されるたびに求人案件担当の転職コンサルタントと出会うことができますから、一度訪れて面談した転職コンサルタントと相性が良くないからその転職エージェントは使えないということにはなりません。

偶々、紹介される求人案件の担当が同じことも有るでしょう。

そうは言っても、私事で恐縮ですが、両面型の転職エージェントの活用経験からすると、転職コンサルタントは都度、代わることが多かったです。中小のブティック型転職エージェントでそうでしたから、大所帯のJACリクルートメントならば、同じ分野に転職コンサルタントはもっともっと所属しています。

JACリクルートメントでは、転職コンサルタントが約400人も所属しているのです。


当記事は、これまで他のウェブサイトで「JAC Recruitmentは1社で数社分!JACリクルートメントは転職エージェント何社か分に匹敵!」として公開されていたものを、執筆者の意向に従って編集し掲載したものです。