リアリティあるインセンティブ|月商1千万の店舗があなたのもの

繁盛ラーメン店

飲食店の経営では、特に人材確保が課題となります。その為に、魅力的なインセンティブプランを用意する店も少なくありません。

魅力的なインセンティブプランには、魅力的な人材が集まります。

スポンサーリンク

頑張れる秘密

月商1千万円の店舗、休日には行列が途切れません。

仕事はハードです。

でも皆が頑張れるのには理由があります。

楽しい雰囲気だけではない

確かに働きやすい雰囲気があります。

店長の奢りでの鍋パーティなど時間外の交流もあります。

でもここというときに皆が踏ん張れるのは、それだけが理由ではありません。

店舗数が増え続けるにもかかわらず、個々の店舗における営業の質が劣化していかないのは見事という他はありません。

現実感のあるインセンティブ

その秘密は、暖簾のれん分け制度にあります。

暖簾のれん分け制度

暖簾分け制度は、所謂FCフランチャイズチェーンと異なり、新店舗を請け負う人間は、店の暖簾というDNAを受け継ぎます。

基本的には同じ味が受け継がれます。もちろん、地域によって、水質も異なり、調達される食材の質、つまり野菜や肉等の品質や性質が微妙に異なるので、全く同じというわけには行きません。しかしながら、暖簾によって精神は受け継がれます。勿論、味も可能な限り調整され、オリジナルに近づいていきます。

行列の絶えない月商1千万円の店舗を譲り受けること。店舗経営を志す者にとってどれだけ魅力的なことでしょう。

これが大きなインセンティブとなり、頑張ることが出来るのです。

身近にいる成功者の実例

実際に暖簾分けを受け、月商1千万円の店舗を譲り受けた成功者がいます。月例会でその成功者と顔を合わせる機会もあります。現実感リアリティのあるインセンティブの存在。これが大きく成功を、店舗発展を後押ししているのです。

私にもできる!

店長として一定の期間の経験を経て、DNAを継承したと看做された、すなわち暖簾の精神を継承したと認定された後、実際に店舗を買い取ることになります。その日を夢見ゆめみ、皆が店長を目指し、日々の厳しい仕事ハードワークにも耐えるのです。

高いインセンティブの下、厳しい仕事を覚悟して入社してくる従業員たちは、一般に比べ相対的に高い志を持っていると言えるでしょう。何らかの形での一国一城の主になることを胸に秘めた独立希望者が多いのです。従って、集まってくる人間の質が大きく影響していると考えられます。